京都の竹

網代バッグ
白の網代バッグ どちらも京都の竹を使用しています。
網代バッグ
竹細工に使う真竹は『油抜き』という工程後、日に干して白くなった物を使います。
今回製作したバッグは京都の竹を使用していますが、京都では 火あぶりで油抜きを行う為、表面がとても艶やかです。艶を生かすため、こちらは表皮は削らずに作りました。
網代バッグ
バッグの下部に少し模様があります。こちらは火あぶりの課程で竹に少し焦げが生じていて、炭化竹のような色合いになっていたので そのまま生かしました。同じような竹が手に入らない限り再現できない一点物です。
せっかくの模様なので このままではいずれ色が変わっていって同化してしまうと思われるので、この後漆で仕上げて色止めをしたいと思います。

10月15日の手づくり市で 是非現物をご覧ください。
 ※これから染色のバッグも仕上げる予定です
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

コノムラ

Author:コノムラ
出身地:京都 作業場:京田辺市 
竹の修行場:大分県別府市 竹を始めて10周年を迎えた竹人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR